水口病院と酵素ドリンクの関係性

水口病院と酵素ドリンクの関係性とは

水口病院と酵素ドリンクについて

水口病院と酵素ドリンクについて

水口病院の先生は、健康に対する考え方について教えていただきた時に、運動による健康増進と生きていく上での新陳代謝を盛んにするためには、酵素を充分に取ることが必要であると言われた。

酵素とは、生物が生きていく中で、食べたものを消化し、体の中に食べたものを取りこんで、代謝により体の中で食べたものを栄養素として作り変え、いらなくなったを排泄するという一連の過程の中で、食べたものを変化させて生物にとって有効なものに変える役割を担っている。

酵素は、タンパク質が原料であり、酵素の種類は3000種類以上といわれているが、酵素の働きは、それぞれ1種類の仕事しかできず、例えば、唾液に含まれている有名な消化酵素であるアミラーゼはご飯やパンと言ったでんぷんを分解してブドウ糖になる。

最近の健康ブームで、酵素を取り、健康にまた美容にも良いとのうたい文句で、酵素ドリンクが人気で水口病院でもこの酵素ドリンクを勧めている。

酵素ドリンクは、市販されてはいるが、野菜や果物などを使用した家庭で作る酵素ドリンクも人気がある。

水口病院と子供の日焼けについて

こんがり小麦色といった日焼けは健康の証拠であると昔から言われてきたのであるが、水口病院の皮膚科に子供の日焼けのあとが残ってなかなか消えないので受診したところ、先生から日焼けが過ぎると後々問題になると言われた。

子供であれば、大人に比べて、新陳代謝が盛んなため、皮膚の入れ替わりが速く問題無いのではと思っていた。

しかしながら、大人より子供の方が紫外線対策が必要であるらしい。

それは、子供は、成長が盛んなため大人より紫外線に対して敏感である、18歳未満の子供の時の日焼けは皮膚がんや白内障になる確率が高くなる、

水口病院の詳細

人間が一生涯に浴びる紫外線の量は18歳までにほとんど浴びる、紫外線を多く浴びると免疫機能が低下する、子供は屋外での遊びが多いため大人より紫外線を多く浴びやすい、などの理由からである。

昔から日光浴で日焼けをして紫外線を浴びると血液の中のカルシウムの濃度を高める作用があるビタミンD3が作られるので良いと言われてきたが、

ビタミンD3は薬で補うことができ、紫外線を浴びる方が悪影響が多いため、昨今は日光浴による日焼けは勧めていない。

Comments are closed.