今や私達の生活に必要不可欠な存在と言っても過言では無いクレジットカード。
クレジットカード一枚持っていれば、様々なお店でキャッシュレスで支払いが出来ますし、海外でも使えることから現金を持たないという安心感もあります。

さらにインターネットでの買い物が当たり前になった現在では、クレジットカードを持っていなければ買い物が出来ないサイトも数多くあります。

そんなクレジットカードには、「ショッピング枠」「キャッシング枠」と2つの枠が設定されており、それぞれ買い物専用、借入専用と分けられます。

クレジットカードにも総量規制が適用されますが、ショッピング枠は適用外でキャッシング枠のみの適用となります。

つまりクレジットカードを使ってキャッシングをする場合には、年収額の1/3までの利用しか出来ませんのでご注意ください。

そもそもクレジットカード会社というのは「貸金業者」としてキャッシング機能を付帯しており、その場合には「貸金業法」が適用されることから総量規制の対象外にはならないのです。

このことから、ショッピング枠のみの契約でしたら比較的審査に通りやすいですが、キャッシング枠を付帯するとなると、その分審査が厳しくなるワケです。気になる人はコチラから